新潟でも増え続ける空き家問題

近年、少子化の影響もあり、全国的に空き家の件数は増加傾向にあります。新潟県も例外ではありません。空き家の増加に伴い、放置された住宅が様々な問題を引き起こし周辺住民とのトラブルに発展するケースも少なくありません。

特定空家

このような社会情勢を受け、平成27年5月26日には、空き家に関する施策を総合的かつ計画的に推進することを目的とした「空家等対策の推進に関する特別措置法」が完全施行されました。
法では、市町村の具体的な役割として、「空家等対策計画」の作成や、管理が適切に行われておらず、周辺に悪影響を与える空き家(「特定空家等」という。)の所有者に対する指導や勧告、命令等の必要な措置の実施などが位置づけられました。また、新潟市でも空き家対策への取り組みがはじまっています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。空家等対策の推進に関する特別措置法関連情報(国土交通省ホームページ)

空き家対策(新潟市ホームページ)

空き家を放置することで起こる問題

・庭木による被害、害虫の被害、交通上の被害
・汚水や浄化槽からの異臭被害
・不審者、野生動物の侵入
・高額な税金負担
・建築部材の落下による、歩行者のけが。
・電線等への接触被害
など多くの問題、被害が発生します。

住んでいなくても、何もしなくていいという訳ではありません!空き家の所有者は「管理者責任」が問われます。

当センターができる、空き家対策

当センターでは様々な空き家問題を解決するため、下記内容のサービスを提供しています。

【空き家の管理】

□ 家の中
雨漏れチェック、水道管理、通気、換気

□ 家の外
屋根、アンテナ、軒天、トヨ、ガラス、外壁、土台

□ 庭、庭木
庭の除草、庭木剪定、伐採、消毒、害虫チェック

□ その他
郵便物、近隣のご挨拶、クレーム処理

【助成金、補助金】

□ 助成金、補助金
売却、解体、リフォームなど
※地域によって補助や助成金は異なります。